粘土から作る勇ましい「シーサー」

この美ら風という工房は、粘土から作る勇ましい「シーサー」、800種類以上も準備されている様々なガラス細工を施して作製するキラキラ輝く「キャンドル」や「オルゴール」など、

一つとして同じ物はない作品作りを経験できる沖縄ならではの体験工房です。
世界中で高評価を得ている沖縄の美しい海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の候補地としても有名な木々の生い茂るやんばるの森や淀みなく流れる川やや爽快な滝でエネルギッシュな大自然を愛でませんか?

 

海底をますますとらわれず満喫することが期待できるようになり、これまで以上にダイビングのやり方は縦横無尽に磨かれます。
数多くのダイビング技術を習得します。教習は短いと1日で受講ができ、オープン・ウォーター・ダイバー・コース合格後直ぐに実施できるカリキュラムです。
ダイビングをを開始するには、ひとまずダイバーショップに用意されている7点セットと呼ばれているスノーケル、マスク、フィン、

あとはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買っておいた方が安心できると思います。
海でぽっかりと「中性浮力」の状態を保つことは、心安く水中を進行するのにも、サンゴの群生などのありのままを妨げないためにも慎重に対処します
横向きのウェイクボードに立ち乗りするのは水上スキーより難しくなくて、だんだん波を上手に操るようなハイレベルな技もできることでしょう。
沖縄の代名詞と言えば外せないのが海!いくつものブルーで塗られたような海の中を、南国ムード溢れる色とりどりでかわいらしい魚たちに触れ合う体験は永遠に忘れられない経験になるでしょう。
那覇の中心部から西へ約4里のチービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島の3島からできており、一際広い島がナガンヌ島。壮観な海と陸の対比を実感できる美麗な島です。
難なくレクチャーを経験して、やっとダイバーとしてのスタートラインにたてた皆さん、これからは場所を問わずに潜るための行きましょう。
一度は行ってみたい「青の洞窟」とファーストステップダイビングをセットにしたコースです。

シュノーケルで海の中を見てみた方の「一度は実際に潜ってみたい!」といった有難い声が多かったので作りました

 

ダイバーレッスンでは直線を描きコンパスを適用した移動を習得してもらいますが、その上三角形や四角形などの通行構図も体験します。
可愛らしい小舟に揺られながら不思議な紅樹林(海漂林)探検を満喫し、華麗なサンゴが息づくインドネシア・レンボガンのきれいな海をドリフトシュノーケリングするのがおすすめです。
「当然かと思いますが、沖縄の冬期間の海はどこまでも透き通って見えますか?」と旅行者に尋ねられることがしょっちゅうあります。館山も夏季より圧倒的に冬季の方が間違いなく透明感が良くなります。
一般的には知られていませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、さまざまなダイビング実践や条件で技能を磨いて、抜群の実績を持ち得ていることを証明している「アマチュア最高峰のクラス」と称されます。