川平のスポット

お試しダイビングはインストラクターの協力を得て初体験するクラスです。気さくにダイビングを感じるために重要なやり方を身に付けていただきます。
沖縄に着いたなら必ず訪れたい観光向きの場所を押さえ、暗くなってからは贅沢に船上ディナーはいかがでしょう。大満足の旅をご提供します。
沖縄旅行の思い出の品の代表格である勇ましいシーサーを自分の手で作ってみませんか?

どんな顔になるかは自分で自由に決められます。他の場所では入手できない個性的な思い出の品になります。
水はそれほどうまくできないケースでも、メインインストラクターが海に潜っても平気か否か確認作業を必ず行いますので、長く泳ぐことのできない方は戸惑うことなくご相談下さいね。
“テーマと実践“を兼ね備えたダイビングの醍醐味を感触を得て頂き、適切に味わうための段取りを手に入れます。

感動的な日常を送れることがその目的です。

 

「ダイビングの基礎を学びたい。体力づくりのひとつとして楽しみたい!」その気持ちがあれば海底の不思議な力を実感できる“ダイバー”養成の行程があります。
ウィンドサーフィン独自の面白さとは一体何か?セールにかかる空気圧を左右の手で調節するとスムーズに立っているボードが移動し始めます。
ダイビング購入を受ける際には、講習費用だけではなくプール使用料や教材費、海における実習に絶対に使われる施設の利用料、

海に行くためのバス代や宿泊費用、その他にはレンタル器材代なども覚悟しなければなりません。

 

どちらにしても希望していたダイビングをやるわけですから、きちんと学んでみたい、至る所の素敵な水中を楽しめる有名なダイバーになりたい、だけど、どう行動したら良いか、誰か教えてほしい。
沖縄でのシュノーケリング名所として話題の美しい「青の洞窟」とサンゴ礁のある「ケラマ諸島」、両方のシュノーケリングプランをマリンスポーツサイトの働き手が徹底的に調べ上げました。
分かりやすい講習を約束し12年間どんなのコースでも最高4名で行ってきました。

ボートダイビングならアリガー北やアリガーケーブルを交えて4つからなるポイントを主要体験地となります。
鋭角にカーブを切る時や高い波にぶつかる時は、すごく揺さぶられたり振り落とされることもしばしば。簡単に危機感を抱かずに臨めるだけでなく、スリルも満喫できる人気のマリンスポーツです♪
シュノーケリングを始めて衝撃的だったのはこの透き通った海!「えっ、ここプール?」と疑ってしまうほどなんでもくっきりと鑑賞できました。
ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を受けて海面を走るマリンスポーツである。やや大きいサーフボードにヨットに見られるセイルを装備した物と呼べば想像しやすいだろうか。