大きいマングローブ

大きいマングローブ林を眺めながらカヌーでのツーリング。ジャングルを通って圧巻の滝を登山して行く。冒険心を呼び覚ます西表島エリアへ出かけよう!
ウィンドサーフィンの特徴とは一体何か?帆が受ける風力を右手と左手でトリムすればツイーッと立っているボードが海面を走り出します。

 

サトウキビの畑や昔ながらの沖縄の民家があり、いかにも沖縄というような雰囲気や景色を楽しむことができます。「古宇利大橋」から眺める海は、永久に忘れないほど鮮やかな青い海原。
昨年開催された人気上々の夏祭りin那覇、力を振り絞ったエイサーダンサーを一緒に応援しました!これはお店が集中している那覇市国際通りで夏の期間スタートされます!
マングローブの樹林を観る。素晴らしいマングローブへと出かける躍動のジャングルツアー。スピードボートに揺られながら沖縄のマングローブ(紅樹林)の樹林を巡りませんか?
沖縄本島に存在する荒らされていない自然へ行くアウトドアの旅。

シーカヤックで無人の小島に上陸したり、ジャングルにある滝で思い切って滝壺に飛び込んだりと本物の自然を堪能できます。

 

世界で10本の指に入る沖縄の生命力あふれる海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の候補地としても有名な鬱蒼としたやんばるの森やきれいな川や趣ある滝で雄大な自然を愛でませんか?
ダイビングをを始める時には、取り掛かりとしてダイバー用7点セットと定義されているスノーケル、マスク、フィン、更にはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買った方がベターでしょう。
スキューバダイビングをトライしたい君、そのライセンスがあったらいいな、と願う初心者の方は、必ずいつでもご質問お待ちしています。
綺麗なサンゴならインド洋に潜る。

インド洋にあるモルディブはまるでリングと見紛うような鮮やかな環礁が長さにして800キロにわたって続いており、はるか古来より「真珠の首飾」と他国より羨ましがられてきたのです。

 

ダイビングを2つに分類するとなると、レジャーと真剣ダイビングに分類できます。折角やる以上はダイビングのプロフェショナルを目標にしてみませんか?時間がある時にプロダイバーのスケジュールを体感してみませんか?
ひとりでエンジョイされるお客様の率が5割を超えていて、そんな人たちの為にも仲良くゆったりとダイビングが可能になることを重要視しています。
難なくレクチャーを経験して、希望していたダイバーとしての出発地点に立つことになったビギナーズダイバーさん、これからは海外の海にでもダイビングしに出掛けましょう。
沖縄へ行くならやはり足を運んでおきたい有名な観光スポット巡りをして、日が暮れたら華やかにディナークルーズをご堪能ください。大満足の旅をお届けします。

 

沖縄の場合には夏の季節に海に潜る人が多いために、その季節限定のメンバー(夏場だけのスタッフ)が目につかないのはとても特異なお店だと言われます。